以前から、高齢者のゴミ屋敷・孤独死の大きな社会問題についてお話をしていきました。今回はその根底にあるセルフネグレクトについてお話していこうと思います。

不景気や高齢化社会で、一体何が起きているのか。

自分は大丈夫と決して他人事にできない状況にまでなってきているセルフネグレクトとは。

原因や特徴について詳しく解説していきます。

■高齢者のセルフネグレクトとは?

高齢者 セルフネグレクト

セルフネグレクトとは、セルフ=自分自身 ネグレクト=放棄という意味で、自己放任という訳すことができます。

何らかの、原因で日常生活の必要最低限のこと、身の回りのことができなくなってしまい、健康や安全に影響が出てしまう状態のことを言います。

ゴミ屋敷や孤独死の原因がこのセルフネグレクトのせいではないかと言われていて、とても大きな社会問題になっているのです。

 

■高齢者のセルフネグレクトの原因は?

高齢者 セルフネグレクト

高齢者に限らず、セルフネグレクトは誰でもなってしまう可能性がありごく普通の方がなってしまうケースもあって原因は様々です。

すごく疲れたり・ひどく落ち込んだ時、食事やお風呂に入ることがめんどくさくなり後回しにしたりしたことがあると思います。

通常は、また普通の日常生活に戻るわけなんですが、そのまま生活を立て直すことができず、セルフネグレクトになってしまい前の生活を送ることが難しくなるのです。

セルフネグレクトのきっかけ

・病気になってしまった

・仕事をやめた

・家族に何かあった

・近隣の方とのトラブル

・大切な人の死

年齢に関係なく何かのきっかけで急になってしまいます。

 

近年では、核家族化や高齢化社会が深刻化していて高齢者に多くセルフネグレクトに陥っている人が多いと言われており、ますます孤独化する一方でゴミ屋敷・孤独死の数が増え続けています。

 

■高齢者のセルフネグレクトの特徴

高齢者 セルフネグレクト

高齢者のセルフネグレクトの特徴

・金銭の管理ができない。

・社会交流や近隣の方との交流を避ける傾向がある

・精神面(うつ病・認知症)

・外見や服装がだらしなくなり、髪の毛やひげが伸びていたり、ヨレヨレの衣服をきていたり、悪臭がする。

・家族関係 家族や親戚関係が疎遠の高齢者。

・部屋が汚い。

 

上記に当てはまる数が多いとセルフネグレクトの可能性が高いです。

 

しかし、高齢者のセルフネグレクトになってしまう方は、家族と疎遠だったり近隣との交流がうまくいっていない方が非常に多く、気づいてあげることが難しく自分がセルフネグレクトになっていることすらわかっていない高齢者が後を絶ちません。

高齢者に限らず、セルフネグレクトに陥るケースとしては、ストレスです。

例えば、1人暮らしをしていて仕事はいつも残業。

帰りは深夜になっていることが多く食事も掃除もろくにできない状態で相談したいが相談できる友人も近くにいなく、仕事が忙しくて友人の誘いも断り続け、誘いの連絡すら来なくなってしまったことから、ストレスを発散する場所もなく1人になってしまい、セルフネグレクトに陥りゴミの中でなくなってしまうケース。

ニュースでも、多く取り上げられていて現役世代の方達のセルフネグレクトも増えています。

現役世代の特徴としては、仕事のストレスや人間関係のストレスによる、精神疾患を伴うケースが多いようです。

セルフネグレクトで孤独死をした人の部屋では、なんとかしてこの状況を変えようとした痕跡が残っていることが多くあるのが特徴的で継続することができず、無気力になるの繰り返しで誰にも助けを求めることもできずになくなっていくのです。

 

■高齢者のセルフネグレクトで心配される疾患

高齢者 セルフネグレクト

高齢者の方は、体力などが低下しているのでセルフネグレクトに陥ると非常に危険です。

・配偶者の死や家族の死でうつ気分が継続し、うつ病になってしまうケース。

・他の人たちとの関わりがへり、運動機能の低下などから認知症になるケース。

・食事を十分に取らず、栄養失調の状態になるケース。

他にも健康管理ができなくなるので、持病が悪化したり・加齢とともに発症しやすい高血圧・動脈硬化などが進行しているケースもあります。

高齢者のセルフネグレクトに共通していることは、死に陥る可能性が高まるということです。

ただでさえ高齢者は、ちょっとした病気でもなかなか治りも遅く、悪化しやすいのにもかかわらず、セルフネグレクトに陥ると周りに助けてくれる人がいませんから、認知症・うつ病・栄養失調になると本当に危険な状態になってしまいます。

しかし高齢者のセルフネグレクトに陥る方は、部屋が散らかっていることが恥ずかしくて話せない、経済的に厳しい状況を周囲に言うのが恥ずかしい、人にお世話になるのが申し訳なくて相談できないと殻に閉じこもってしまうので助けてあげたくても、助けてあげられない状況が続いており、とても大きな深刻化している社会問題の一つとして取り上げられているんです。

 

■高齢者のセルフネグレクトの対策・対処について

高齢者 セルフネグレクト

もしこの記事をたまたまみて、もしかしたら自分は高齢者のセルフネグレクトかもしれないと少しでも思った方は、勇気を持って助けを求めてください。

自分から、行動をとることが難しいのはとてもわかりますが自分から行動をしていくことが一番効果的です。

そして、家族の方は頻繁に連絡をとって家の様子を見に行ったりしてください。

家族の方の協力もなければ高齢者のセルフネグレクトは見つけることはできませんし、改善することもできません。

家族の方も遠くにいて、友人や頼れる人が近くにいない方は、住んでいる地域に地域包括支援センターというのがあります。

地域包括支援センターは、高齢者の相談をなんでも聞いてくれる場所ですので、ぜひ行ってみてください。

もし近隣で「あの高齢者の方、セルフネグレクトかな?」と不安になった方がいても地域包括支援センターにお伝えしてもらうと対応してくれるので、地域の方もぜひ足を運んでください。

高齢者のセルフネグレクトは大きな社会問題です。

決して他人事ではないので、みんあなが一致団結してセルフネグレクトに陥る人がいなくなる世の中にしていきましょう。

■高齢者のセルフネグレクトチェックリスト

高齢者 セルフネグレクト

◇入浴、洗顔、歯磨きなどがめんどくさく感じる/やりたくない

◇部屋の片付けや掃除が面倒/やりたくない

◇ゴミ捨てをなかなか行かない

◇栄養のバランスを考えずに自分の好きなものだけを食べている

◇体調が悪くても、なかなか病院に行かない

◇規則正しい生活を送れていない

◇1人暮らし/家族と疎遠になっている

◇信頼できる友人が近くにいない

 

6つ以上当てはまる方は、セルフネグレクトの可能性が高いです。

 

■高齢者のセルフネグレクトが深刻化のまとめ

高齢者 セルフネグレクト

高齢者のセルネグレクトについてお話をしてきましたが、皆さんはどんな感想を持ったでしょうか。

少し、高齢者の方に冷たい世の中になってしまっているんではないでしょうか。

もう少し、地域の高齢者と交流を持つようにしてください。 皆さんの少しの思いやりがセルフネグレクトだけでなく今後の超高齢化社会に突入する日本の突破口になると思います。

また、現在は昔と違って地方自治体によって様々なサポートサービスが充実してきています。

周囲の方が高齢者にそのようなサービスを紹介したりするなどのコミュニケーションも積極的にとっていかなければ、これから迎える超高齢化社会に適応できない世の中になってしまいます。

高齢者の方も、少しでいいので我々現役世代や若者世代に頼ってみてください。

きっと助けてくれるはずです。

若者世代から現役世代・高齢者まで、支え合っていく国になれば日本は何があっても大丈夫だと思います。

特殊清掃や遺品整理でお困りですか?

ブルークリーンでは孤独死が起きた現場の清掃・脱臭及び原状回復、ゴミ屋敷の清掃、遺品整理まで幅広いお片付けサービスを提供しています。

★見積り無料

★最短で5分で出動

★追加料金一切なし

★安心の脱臭保証付き

★話題の「すーさん」が責任者

★対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木!

まずは何でもお気軽にご相談ください♪

特殊清掃ブルークリーンのサイト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事