東京都豊島区で施工した特殊清掃と遺品整理を解説します。

こちらの現場は亡くなった方が「セルフネグレクト(自己放任)」だった可能性が高いと部屋の状況から判断することができました。

セルフネグレクトと孤独死の関連性は以前記事にしているので、興味があったらぜひ読んでみてください。

高齢者のセルフネグレクトが深刻化

それではまず現場の概要をご覧ください。

【データ】

場所 東京都豊島区
間取り 1DK
見積金額 約50万円
日程 2日
総動員数 3名

特殊清掃の依頼があった背景

今回ご依頼があったのは亡くなった方のご遺族からでした。

「親族が部屋で孤独死をした為、掃除と遺品整理をしてほしい」

このようにご依頼がありました。

私たちはお電話で詳しい事情を聞くと早速、現場に向かうことにしましたが、ご遺族から「臭いが酷い」と事前に聞いていた為、すぐに作業に入れるように準備をしてから向かいました。

特殊清掃をする前の部屋の様子

現場に到着してご依頼主とご挨拶をさせて頂きすぐに現場調査を行いました。

部屋に入ると驚くべき光景が広がってました。

孤独死

↑この写真は居室です。この現場は1DKの間取りなので、寝る場所はここだけです。大量の新聞紙に埋まって見えていませんが、右側にベッドがあります。この部屋の様子から亡くなった方は軽度のセルフネグレクトになっていた可能性があると推測することができました。

しかし、この部屋が臭いの発生場所ではありませんでした。

手前の台所を見てみると…

孤独死

↑居室の手前にある台所です。亡くなった方のご遺体はこちらで発見されたそうです。そして、こちらが臭いの発生個所でした。

ご遺族からのお話しではご遺体は腐敗が進行していたみたいで、DNA鑑定を行い身元の特定をしたそうです。それに伴い、お部屋の臭いもそれなりに強くなっていました。

腐敗臭はやっかいなもので、部屋全体の全ての物に臭いが染みついてしまいます。

なので、残っているご遺品と残置物を撤去してから、本格的に脱臭をしなければ改善することは難しいのです。

実を言うとこちらの現場は木造アパートの2階に位置しており、すぐ下の部屋には住民の方が暮らしていました。

ご遺族の方はその方の部屋にも影響が出るのではないか心配していた様子でしたので、いち早く対応できるようにしなければいけないと判断しました。

特殊清掃を行う前の打ち合わせ

調査が終わりすぐにお見積りを提出しました。

今回は私たちが提案した内容は臭いの原因箇所の切取り、遺品整理(残置物撤去も)、特殊清掃、消臭脱臭でした。

そしてご遺族の方に対し、どの作業にどれぐらいの費用が掛かるのかを細かくご説明して、ご納得頂けました。

今回の打ち合わせ内容は

・作業日の確定(スケジュール作成)

・ご注文に伴う契約書や必要書類の記入

・ご入金のご案内

・近隣へのご挨拶の有無

作業のご立会をされないとのことでしたので、不動産管理会社様と鍵の受け渡しを確認して作業をすることになりました。

実際に作業を行った結果

先程も説明しましたが、こちらの現場は2階にあるという事もあり床の切取りにはかなり慎重になりました。

特殊清掃 特殊清掃 特殊清掃

無事に床の切取りを終えて、周囲の清掃を行いました。

ここで謝罪が一つ。。。。

作業後の写真を取り忘れてしまいました。。。。

しかし、詳しい内容は「おかたづけ請負人すーさんTV」で解説してありますので、作業の前後の様子を見たければぜひご覧ください。

特殊清掃や遺品整理でお困りですか?

ブルークリーンでは孤独死が起きた現場の清掃・脱臭及び原状回復、ゴミ屋敷の清掃、遺品整理まで幅広いお片付けサービスを提供しています。

★見積り無料

★最短で5分で出動

★追加料金一切なし

★安心の脱臭保証付き

★話題の「すーさん」が責任者

★対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木!

まずは何でもお気軽にご相談ください♪

特殊清掃ブルークリーンのサイト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事