大野誠 北島三郎 二男 大野誠 孤独死出典:夕刊フジ

 

こんにちは、ブルークリーンです。

昨今では「孤独死」という言葉がより一層認知される世の中となってきましたが、昨日大きなニュースがわたしたちに知られることとなりました。

 

それは、

孤独死した北島三郎さんの二男大野誠さんについて」です。

 

本日はわたしたちブルークリーンが、専門家の目線で様々な考察をしていこうと思います。

 

■孤独死した北島三郎さんの二男について

北島三郎 二男 孤独死歌手、北島三郎(81)=本名・大野穣(みのる)=の次男で元ミュージシャンの大野誠さんが、東京・調布市の自宅で3日に遺体で発見されていたことが7日、分かった。この日夜、北島は愛する息子の通夜で喪主を務めた後に東京都内で会見し、「大事なわが子が先に旅立ってしまった…」と号泣した。

出典:サンケイスポーツ

 

 

 

今月3日に親族の方が北島三郎さんの二男である大野さんと連絡が取れず、不審に思い警察官と共に自宅へ行ったところ遺体を発見したそうです。

状況は、

 

・衣服を着たまま

・一人暮らし

・発見時は死後一週間ほど

 

とのことです。

 

死因は心不全でした。

 

大野さんは、同事務所所属歌手の楽曲の企画制作・著作権管理業務などを手掛ける「北島音楽出版」の役員に在籍し、また大野さんは賃貸で一軒家を借りていました。

 

ここで、わたしたちから見て重要なポイントがありました。

「大野さんが住んでいることを認識している人が近所にいなかった」ということです。

つまり、生前の大野さんは近所付き合いがなかったということですね。

 

これは報道でもある通りですが、そもそも職業柄住んでいるところをあまり人に知られたくないんでしょうね。

まさか孤独死につながるとは亡くなったご本人も思わなかったはず。

しかし、地域とのコミュニケーション不足が今回の事件につながった一つの背景でもあることは事実です。

 

■北島三郎さんの二男の孤独死はなぜ起きてしまったのか?

北島三郎 二男 大野誠 孤独死

 

北島三郎さんの二男孤独死はなぜ起きてしまったのでしょうか?

 

今回のニュースが世の中に流れ始めてから日も浅い為、まだ世間に伝えられていない情報ももちろんあると思いますが、わかっている情報だけで考えてみると、原因は大きく分けて2つあります。

 

①一人暮らしであること

 

②普段から親族と定期的に会っていなかった

 

 

つまり、言いづらいことではありますが、北島三郎さんの二男である大野さんの周辺に些細な変化に気づける方がほとんどいなかった可能性が高い、ということになります。

 

また、大野さんが北島三郎さんのご自宅に行くことはあっても、北島三郎さんや親族の方が大野さんのご自宅に行くことはほとんどなかったようです。

 

今回の場合は、北島三郎さんの次男である大野さんはアーティストでもあるため、創作活動をする際は一人でこもって作業をするために一人暮らしである可能性もありますね。

 

わたしたちの経験から申し上げると、孤独死をされる方のご自宅にはいくつか共通点があるのですが、その内の1つとして「お部屋が散らかっていること」がとても多いです。

 

大野さんのご自宅はどうだったのかはわかりませんが、そのいくつかの共通点があったとして、普段大野さんのご自宅に行く方がいたらその共通点や特徴を知っていれば、孤独死を未然に防ぐことができたかもしれません。

 

その共通点については、次の項目でご説明いたします。

 

 

■北島三郎さんの次男の孤独死から見る共通点

 

今回起きた、北島三郎さんの二男大野さんの孤独死における特徴は他の事例とも共通する点がいくつかあります。

 

そこで、前項で少しお話しました、孤独死される方の共通点について解説していきます。

 

〜孤独死現場に多く見る共通点〜

・一人暮らし

・親族と疎遠

・近所付き合いがほとんど無いまたは皆無

・部屋が散らかっている

 

 

どうでしょうか?

 

最近ではヒートショックが原因でご自宅で急逝してしまうことも問題視され始めていますね。

 

まだまだ「孤独死」という言葉が認知され始めてきたばかりからか、「私は大丈夫」と思っている方が多いのではないでしょうか?

 

この共通点を見てもまだそう思えますでしょうか?

 

言い方は少しきつくなってしまいますが、これは他人事ではありません。

 

実際に孤独死されてしまっている方や親族の方々を思うと、私たちは心がとても痛みますが、孤独死することをわかって逝かれた方は一人もいらっしゃらないはずです。

 

さらに問題視されている高齢化社会と、年々増加している孤独死を合わせて考えるとさらに今後皆様にとって身近なワードになってしまう可能性もあり得ます。

 

少し暗いお話が続いてしまいましたが、こういった問題を未然に最大限防ぐ為の方法はもちろんあります!

 

■北島三郎さんの二男だけでなく、まわりの孤独死は未然に防げます!

北島三郎 二男 大野誠 孤独死

 

今回は、このお話の切り口として、北島三郎さんの二男である大野誠さんの孤独死についてお話をテーマにさせていただきましたが、わたしたちブルークリーンは普段からみなさまに呼びかけや未然に防ぐ為の活動をしています!

 

・積極的な近所付き合い

・外で行う趣味をつくる

・家族や友人には定期的に連絡を取る

・自宅に友人を招くようにする

 

などで、他にもありますが、どれも言ってしまえば当たり前のことばかりです。

 

ただ、言うのは簡単でも実際にやるのは人によっては抵抗があったり、難しいことも多いです。

 

わたしたちがすることは、その当たり前に思えて難しいことをできるようにする為のサポートです。

 

今では、自治体が独居の方は向けた「見守りサービス」を行なったり、地域で「高齢者見守りネットワーク」という活動団体があったりと皆で協力し、孤独死や孤立を防ぐ為の行動が活発になってきています。

 

ブルークリーンでは、「大田区高齢者見守りネットワーク」に参加し地域から見守りの輪を広げる活動をしています。

 

わたしたちブルークリーンは、

 

・孤独死現場の特殊清掃

・生前遺品整理

 

をしていますが、孤独死に関して、実際に起きた現場の作業はいたしますが、むしろ孤独死をなくす為の活動に力を入れています。

 

 

■孤独死した北島三郎さんの次男を専門家が考察します!のまとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は北島三郎さんの二男の大野誠さんの孤独死について考察してみましたが、私たちブルークリーンが兎に角言いたいことは、

「孤独死は身近にあるもの!」

ということです。

 

少しでも孤独死を減らすための啓蒙活動も行っていますが、それでもあまだまだ認知度をそんなに高くありません。

 

協力できる人は孤独死を減らすために一人暮らししている方の近況を探ってみてはいかがでしょうか。

 

 

孤独死の関連記事はコチラ

孤独死の発生率は一人暮らしが一番危険!

特殊清掃や遺品整理でお困りですか?

ブルークリーンでは孤独死が起きた現場の清掃・脱臭及び原状回復、ゴミ屋敷の清掃、遺品整理まで幅広いお片付けサービスを提供しています。

★見積り無料

★最短で5分で出動

★追加料金一切なし

★安心の脱臭保証付き

★話題の「すーさん」が責任者

★対応エリアは東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木!

まずは何でもお気軽にご相談ください♪

特殊清掃ブルークリーンのサイト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事