少子高齢化と言われる日本ですが、これといった対策は未だになされていません。その中で、2025年を迎えるとき様々な問題が浮き彫りになってくるでしょう。医療・介護・年金・社会問題・孤独死。果たしてこれからの日本は大丈夫なのでしょうか。ひとりひとりの覚悟と認識が必要になっていきます。今回は、2025年に迎える超高齢化社会とは一体どのようなものなのかお話させていただこうと思います。

■2025年問題、超高齢化社会とは一体なんなの?

2025年 超高齢化社会

最近のニュースでも、取り上げられるようになった2025年問題超高齢化社会

具体的どんなかを理解できている人は少ないと思います。

2025年問題とは、団塊世代の1947年〜1949年生まれの方達が後期高齢者(75歳以上)となり超高齢化社会に突入することで起きる様々な問題が出てくることです。

団塊世代は、日本の人口比率が最も高い世代と言われており、約800万人いると言われています。

厚生労働省によると、現在1500万人程の後期高齢者(75歳以上)が2025年には約2200万人にまで、膨れ上がる計算が出ているそうです。

この計算でいくと、4人に1人は後期高齢者(75歳以上)という超高齢化社会に突入することになります。

高齢化だけでなく、少子化も進んでおり減少が止まらないという問題もあります。日本は戦後、若い世代が高齢者を支える社会福祉政策で進んできましたが、このまま若い世代が減り、高齢者が増えていく日本は果たして大丈夫だと言えるのでしょうか。

■2025年問題突入の超高齢化社会における、医療・介護・年金について

 

2025年 超高齢化社会

 

まず、医療ですが近年、病院・医師数も減少傾向にあり患者の受け入れ先がなく病院をたらい回しされることも多いのです。

そして、後期高齢者や70歳を超えると医療費もピークを迎えると言われていて、70歳を超えると生涯でかかる医療費の半分以上がかかるということが言われています。

ますます医療を必要とする方が増える一方で病院・医師の数は減少していますので、医療関係がパンクして機能しないのではないかとされています。病院のベットも足りず、入院をしたくてもできない。医師の減少で、手厚い治療を受けれなくなってしまう。困る方が急増するのです。

そして、医療の問題と同様に介護でも2025年に大きな問題が起きると言われています。

それは、老老介護が増えるということ。

老老介護とは、高齢者が高齢者を介護することを言い、医療のみならず介護を必要とされる方が増える2025年。

今でも人手不足や低賃金・介護現場の過酷さなどがすでに社会問題にもなっているほどで、労働人口の減少・長く続く不景気の影響により、これといった有効な策が作れずにいるのが現状です。

そうなると、自然に高齢者が高齢者の介護に回ることになり、老老介護が増えることになります。

この老老介護の問題点としては、介護を行う人も、高齢者というところにあります。

高齢者は今の定義では65歳以上となっていて65歳以上の方が介護に回るということは相当な体力が必要ですし、判断力も必要になってきます。十分な介護を受けることが難しくなり、介護する側・される側の体力・精神的な部分がちゃんとついていけるのかが心配されています。

そして、認知症の高齢者が2025年には10人に1人になると言われており、介護する側・される側の両者が認知症の認認介護と呼ばれる介護まで増加するのではないかと言われていて、安心した介護の環境作りができないのではないかとされています。

これらの問題から、わかるように社会保障や税・消費税などの負担が今後ますます重くなることでしょう。

年金制度に関しても年金支給開始年齢60歳から65歳の引き上げ・最終的には70歳からになるとも言われており、年金制度の破綻もあるのではないかと言われています。

このままいくと、年金受給額もかなり減ると言われていて高齢者の生活は今以上に深刻になり、現役世代の負担もかなり大きくなることが予想されます。

これまで、日本を支えてきた団魂世代の約800万人が一気に給付を受ける側になるので、確実にバランスが崩れます。

昔は、1人の高齢者を大勢の現役世代で支えてきていたのが、今後2025年には1人を1人が支えなければならない超高齢化社会に突入するのではないかと言われています。

■2025年問題突入の超高齢化社会における社会問題

2025年 超高齢化社会

2025年問題には、高齢者の人口が増えることだけでなく、人口の減少も挙げられています。

超高齢化社会よって労働人口の減少という大きな問題もあり、政府や財界では安上がりな労働力を求めていく方針で外国人労働者の受け入れに前のめりになっています。

最近でも、飲食店・コンビニなどでは日本人より外国人の労働者が働いているのをよく見ますよね。サービス業の他に介護の現場もそうなっていくとも言われています。こうした、外国人労働者が次々と日本に来ることによって、日本人の働き口がなくなることも予想され貧しい日本人が増えていきます。

すると、どうでしょう。

外国人の刑法犯検挙件数は6610件。数字だけを見ると必ずしも多いとは言えませんが、実はベトナム人の犯罪件数が前年同期比で36%も急増しているんです。

日本に来ている外国人が日本語を勉強して日本に溶け込むとは言い切れません。外国人の新たなコミニュティができ、犯罪が増える可能性があります。東京五輪もありますから、外国人の出入りが激しくなり、不法滞在の外国人も増えます。

日本はどこにいっても、安全で夜も一人で出歩けるほどですが海外と同じようにスラム街が出来上がり、治安が悪化することもあり得ます。

しかし、移民を獲得しないと少子高齢化社会を立て直すのは難しくなるのではないでしょうか。

ある程度の治安悪化には配慮しなくてはならなくなり、かつての安全な日本がなくなってしまう可能性もあります。

■2025年問題突入の超高齢化社会における孤独死の増加

2025年 超高齢化社会

 

近年、核家族化が進んでいて、孤独死の件数が増え続けています。

内閣府の調査によると平成27年に東京23区内で65歳以上の一人暮らし死亡者のうち、自宅での死亡者数は3,127人。平成15年が1,451人で、12年間で2倍超に増加したことになります。

この東京23区内の孤独死のデータを基にすると、全国では3万5千人~4万人の高齢者が孤独死で亡くなっていると予想されています。

原因としては、結婚する人たちが減っていることや、夫婦のどちらかが亡くられて一人になってしまう、高齢になり離婚する夫婦が増えていることが挙げられています。

そして、高齢者の方は足腰が悪かったり、外にでなくなりがちで近所の方達との交流を避けて生活する人が多くなり、誰にも気づかれずに、自宅で亡くなられています。

パラサイト・シングルが2000年ごろから社会問題とされていました。

パラサイト・シングルとは「学校を卒業後も親と同居し、基礎的な生活条件を親に依存している未婚者」のことを言います。そのパラサイト・シングル世代の方達も2025年ごろには40代・50代を迎え、孤独死はますます増えるとされているんです。

誰にも頼ることができないと答える高齢者の方が多いようです。

とても、悲しいことですが息子さんや娘さんは都内に上京し、一人残されてしまうお母さん・お父さんなかなか、会うこともできず心配をかけたくないと連絡をできないでいるんです。

どんどん、孤独化していき最終的には他人や家族とまで、コミニュケーションを取らないようになっていくのです。

2025年問題超高齢化社会では、こういった高齢者がどんどん増えていきます。

介護を受けれない介護難民の方も増えていくでしょう。

家も、賃貸物件は高齢者の方の入居拒否をされる大家さんが増えています。理由としては、孤独死のリスクがあること。

大家さんは、家を借り続けて欲しいですから事故物件になってしまう可能性を避けますので、なかなか高齢者の方を受け入れるのが難しいのです。

こういった様々な理由から、2025年ごろに孤独死はピークを迎えるかもしれません。

今でも、対策として見守りサービスなどがありますが、今後も高齢者に向けたちゃんとしたサービスが提供されないと2025年問題超高齢化社会には間に合わないかもしれません。

■2025年問題 超高齢化社会に突入についてまとめ

2025年 超高齢化社会

2025年問題の医療・介護・年金・社会問題・孤独死。バラバラの問題のようで、実は一緒だったりもしているのではないでしょうか。一個一個解決することによって、他の問題の改善にもつながります。

医療や介護の充実で、介護難民の方が減り、元気な高齢者が増えることによって治安が良くなる、活気溢れるまちに高齢者がいることによって引きこもりがちだった高齢者が減り、孤独死も減っていく。

2025年問題は決して先のことではありません。

今一度、皆様が個々でしっかりと問題を理解し少しでも将来のために動くことで2025年の迎え方が変わっていきます。

超高齢化社会も現在進行形で進んでいて有効な対策が出せないままでいますが、人ごとのように捉えるのでは、何ひとつとして変わることはありません。

まずは何度も言いますが現状をしっかりと把握し、2025年問題・少子高齢化・超高齢化社会などについて目を向けることをしてください。

高齢者に関するあらゆるご相談、悪徳遺品整理、悪徳不要品回収業者に関するご相談などもお気軽にご相談ください。

特殊清掃や生前遺品整理のご依頼も年中無休受け付けております。

公式WEBサイトはこちらから

対応エリア

 

<関東>
埼玉県

さいたま市西区/さいたま市北区/さいたま市大宮区/さいたま市見沼区

さいたま市中央区/さいたま市桜区/さいたま市浦和区/さいたま市南区

さいたま市緑区/さいたま市岩槻区/川越市/川口市/所沢市/東松山市

春日部市/鴻巣市/草加市/越谷市/蕨市/戸田市/入間市/朝霞市/志木市

和光市/新座市/北本市/八潮市/富士見市/三郷市/幸手市/吉川市/ふじみ野市

千葉県

千葉市中央区/千葉市花見川区/千葉市稲毛区/千葉市若葉区/千葉市緑区

千葉市美浜区/市川市/船橋市/木更津市/松戸市/野田市/成田市/佐倉市

習志野市/柏市/市原市/流山市/八千代市/我孫子市/鎌ケ谷市/浦安市

四街道市/袖ケ浦市/八街市/印西市/白井市

東京都

千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区

目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区

板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/八王子市/立川市/武蔵野市

三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市

東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市

武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市

神奈川県

横浜市鶴見区/横浜市神奈川区/横浜市西区/横浜市中区/横浜市南区/横浜市保土ケ谷区

横浜市磯子区/横浜市金沢区/横浜市港北区/横浜市戸塚区/横浜市港南区/横浜市旭区

横浜市緑区/横浜市瀬谷区/横浜市栄区/横浜市泉区/横浜市青葉区/横浜市都筑区

川崎市川崎区/川崎市幸区/川崎市中原区/川崎市高津区/川崎市多摩区/川崎市宮前区

川崎市麻生区/相模原市緑区/相模原市中央区/相模原市南区/横須賀市/平塚市/鎌倉市

藤沢市/小田原市/茅ヶ崎市/逗子市/三浦市/秦野市/厚木市/大和市/海老名市/座間市/綾瀬市

おすすめの記事