遺品整理 解説

遺品整理の流れについて

 

遺品整理とは亡くなった方のお部屋の荷物を整理し適切に供養や処分をすることです。

近年日本では少子高齢社会や核家族化が深刻になっており、独居で暮らす高齢者が増加しているため、亡くなった後に遺族が遺品整理を業者に依頼するケースが増えています。

今までは一緒に住んでいる家族が遺品整理を自らしていましたが、そのような背景があるために遠方に住んでいるご遺族の方が遺品整理業者に依頼するという事も非常に増加傾向にあります。

 

遺品整理を依頼するタイミング

遺品整理を依頼するタイミングは人それぞれですが、ここではご依頼していただくお客様の傾向に基づき様々なケースをご紹介いたします。

身内が亡くなったが、高齢のため一人で整理できない!

遺品整理 一人

 

大切な親族の死はいつ訪れるか誰にも予想はできません。

病院通いしており、余命が知らされていれば終活の準備をする方はいるかもしれませんが、このような準備を出来るのはまだごく一部の人たちです。

だいたいの方は身内やご親族が亡くなってから初めて、遺品整理についてどうするかを考えると思いますが、いざ遺品整理をする直前になって荷物の量が多すぎることに気づき一人でどうにもならないというケースに陥る場合があります。

しかし、いつまでも荷物をそのままにしておくわけにもいかなく、独居住まいの親族が亡くなった場合などは退去日などの兼ね合いもあり、なんとかしなければいけません。

特に都営や区営などに住まれている方が亡くなった場合は退去までの日程が近いところもあるので、緊急性が一気に上がるケースもあります。

特に重い家具や電化製品などは高齢者が単独で運ぶのは難しいです。

ここではじめて、遺品整理業者に依頼するかどうかの選択肢が生まれます。

 

 

管理している物件で人が亡くなった!

遺品整理 管理物件

不動産オーナーや不動産管理会社などでよくあるご相談が

「管理している部屋で人が亡くなったが親族に連絡がつかない」

「アパートに遺品が残っていて早く原状回復を入れたい」

上記のご相談のように、ご遺族に連絡がつかなかったり、ご遺族の動きが遅かったりすると不動産オーナーや不動産管理会社はいち早く次の入居者を募集するために遺品の撤去を急ぎます。

しかし、いざ片づけようとしても荷物の量が多かったり、仏壇や神具が残っていると縁起が悪いためそのまま捨てたくないという方も大勢いらっしゃいます。

そのようなケースで悩みを一気に解決できるのが遺品整理業者です。

ブルークリーンもそうですが、遺品整理業者のほとんどが連携している寺社にお焚き上げや供養を委託しているためノンストップで作業をすることが出来るからです。

 

遺品整理でどこまで対応できるのか

遺品整理や終活のための生前整理などで、専門業者は一体どこまでのサービスを対応してくれるのか知らない人がほとんどだと思いますので、ここではブルークリーン視点のサービスの幅をご紹介したいと思います。

終活をはじめようかな?と思ったら相談してください

遺品整理 終活

近年終活ブームが少し起こり始めましたが、高齢者の中で自身が亡くなった後に親族に迷惑をかけたくないという理由で「生前整理」を行う方が増えてきています。

この生前整理は生きているうちに断捨離を行うことですが、私たちブルークリーンではエンディングノートに基づいてお客様の断捨離をお手伝いしています。

遺品整理もそうですが、業者に依頼すると決して安い値段でできるものではありませんので、ご自身が亡くなる前に少しでも生前整理を行い亡くなった後にご遺族の負担を少しでも抑えるという気持ちを持っている高齢者の方が少しづつ増えてきています。

 

不動産の処分や財産処分まで対応できます。

遺品整理 財産処分

 

ブルークリーンでは連携している不動産会社や弁護士事務所などがあるため、ノンストップで財産の処分をすることが可能です。

遺品整理を中心に行うので、話に一貫性がありスムーズに各資産の処分を行えます。

よくある業者ではご遺族の方に不動産会社や弁護士事務所を紹介して、そのまま投げっぱなしにするケースもありますが、ブルークリーンでは一番最初の担当者が全ての工程において、進捗を管理するため安心してお任せいただけます。

特殊清掃や原状回復も対応可能

遺品整理 原状回復

 

ブルークリーンでは事件現場の原状回復も並行して行っているため、合わせてご依頼いただくことも可能です。

またリノベーションのご相談や、劣悪環境でのハウスクリーニングももちろん対応可能です。

遺品整理を実際に行う際の流れや段取り

それでは実際に遺品整理を依頼する時から作業を終了するまでの流れを解説していきたいと思います。

 

①遺品生前整理等のご依頼をする

遺品整理 問い合わせ

 

お電話又はメールにてお問合せいただきます。

ブルークリーンでは当番制で深夜対応もしており、急を要するご依頼にも対応しております。

お問合せいただきましたら、詳細を分かる範囲で教えていただきます。

特に遺品整理のご依頼では以下の情報をヒアリングします。

 

・ご依頼者の情報(お名前、ご住所、電話番号)

・清掃先のご住所

・現場にある荷物の大まかな量

・御見積希望日時(当日作業希望かどうかも聞きます)

・作業希望日時

・ご立ち合いする方の情報

 

以上のヒアリングを行いお見積りにお伺いをいたします。

 

②遺品整理のお見積り当日

遺品整理 見積

 

お電話でヒアリングした情報を現場の状況と擦り合わせしていきます。

現場にお伺いするのは専門の知識、資格(古物商や遺品整理士)を持ったプロのスタッフです。

現状の把握が完了しましたら、早速お見積りを作成しお客様にご説明いたします。

作業内容、金額、仮工程にご納得いただけましたら、注文書に記入押印していただき正式に発注という形になります。

※ご希望のお客様にはお見積り日にそのまま作業に入ることも可能ですが、その可能性がある場合は事前にお電話でヒアリングいたします。

③遺品整理作業当日

 

 

事前にお打ち合わせした工程に沿ってを作業を開始いたします。

必要な箇所に養生を設置し、共用スペースがある場合などは適切な方法で二重の養生をしっかりと行います。

遺品整理 養生

 

作業前の準備として作業員は軍手や作業着の着方、工程の段取りを再確認してから現場に入ります。

そして作業員が部屋に入る前にまず行うのは合掌です。

お部屋に入る前に亡くなった方へ尊敬の意を持って全員で合掌いたします。

次にお部屋に入ってから行うのは荷物搬出までの経路の確認です。

想定外のことはないか?

近隣への配慮はできているか?

逐一確認をしながら慎重に作業を行います。

遺品整理 梱包

 

またご遺族にとって、とても大切な遺品は全て梱包して大事に取り扱います。

全ての荷物を搬出、積み込みが終了したら最後にハウスクリーニングを行いますが、場合によっては工事の準備に入る場合もあります。

 

問題がなければ養生や、通常清掃を行いお部屋を仕上げていきます。

最後にお客様へ確認をしていただき作業終了となります。

 

④遺品整理後のアフターケア

遺品整理 アフターサービス

 

ブルークリーンではご依頼後の対応にも力を入れています。

予期せぬ事態が発生しても、すぐに対応できるように担当者がその後もお客様と連絡を取り、アフターケアを致します。

想定できるトラブルとしては

・実はまだ倉庫の中に荷物があった!

・返してほしいものがある!

 

以上が作業後に想定できるトラブルです。

そして、このトラブルは厄介で作業後にしかわからないケースがほとんどです。

ですからアフターケアとして、再度手直しをしていくのも遺品整理業者としての責任の一つですのでブルークリーンはお部屋の状態が落ち着くまでは何度も作業をいたします。

遺品整理を依頼するならブルークリーンへ

 

ブルークリーン

 

遺品整理について解説してきましたが、実際に依頼しないとわからない方もいらっしゃいます。

現実問題として、未だに透明性のない業界であるためそのことを逆手に取った悪徳業者がいることも事実です。

少しでも悪徳業者を減らすこと、業界の健全化を目指すことがブルークリーンの使命の一つでもあります。

またブルークリーンでは特殊清掃について、疑問点やご不明点などある方に対して無料でご相談に対応しています。

いざという時にどのような準備をすればいいかをわかりやすくご説明いたします。

備えあれば患いなしといいますが、まさにその通りです。

遺品整理のご相談はいつでもどうぞ!